01/10/16 (火)

[ともにある権力]


今日はとある役所に2回目申請に行っていたのですが、前はそんな事いってなかったぞ、、、ムッ。ってな事言われて補正。ちょっと一言言いたかったのですが、、まぁ私プロなので窓口で揉めたりしません。

一番良く行く役所の係はもう何年も行っているのですが、考えてみると他のセクション・他の都道府県とはかなり違っています。
扱う数が全然違うという事もあるのでしょうが、「前行っていた事と違うことをいう」とか「たらい回しにされる」なんて事は絶対にありません。全て通達による一貫した基準に基づいて判断をしており、プロとして仕事しています、、

毎日毎日残業残業の大変なセクションですが、あそこの人までいわゆるお役所仕事と同列に並べられるのは可哀想だなぁというのが実感です。

もちろん双方ミスもあるにはありますが、きちんとプロ同士の対応で処理します。昔お客さんに直接わびを入れてもらったこともありましたね。

こういったお互いがプロとして仕事できるところばかりならいいのですが、他のセクションではそうも行かないのが現実。

ちょっと変わった申請の場合。はっきり行って役所の人もあまりやったことがないので行っていることが適当です。
こっちも完璧にわかっていないためお互いが変なところで揉めたりします。もちろん根本的に態度がなっていないとかも良くあるわけですが、、、

お互いがプロとして仕事する。そういう環境ばかりならば仕事も楽しいのですが、、、

役所勤めか民間かといったくだらない区分でなく、プロか否かといった基準で考えて互いにプロでなければなりません。
01/10/15 (月)

[ノウハウ]

先週設定していたWIN2000インストール・設定などは完了したのですが、SP2を当てるとフォルダーのプロパティが開かなくなりセキュリティの設定ができません。SP2をアンインストールすれば設定出来ますがSP2を入れずに使うわけにも行きません。
困った困った、、、

野口悠紀雄Onlineに「テロに関する「唯経済的」考察」というコラムが掲載されています。
テロも宗教がどうのこうのというより経済的側面から考えた方が理解しやすいとの事。

野口氏の書かれた本はちょこちょこ読んでいるのですがそれぞれとても感銘を受けます。本の内容というより根本的な考え方が自分とすごく近いようで読んでいて落ち着きます。

野口氏はノウハウとは「とても無理なことを簡単な方法で解決する方法」としていますが、その中でも野口氏の紹介しているノウハウ「日の把握方法」はすぐ使えて便利です。

10月16日とか10月27日とか言われても今ひとつピンと来ません。22日があいているのかどうかと聴かれても、スケジュール帳やカレンダーをみなければなかなかピンとしません。

30日のカレンダーが瞬時に頭の中でイメージとして出てくれば日時をうまく把握できそうですがなかなかそうはいきません。

これは人の脳は7つまでしか瞬時に把握できないマジカルナンバーセブンという法則があるからだそうです。

虹は7色に見えますが実際には様々な色が混ざり合っており7色以上あるそうです。しかし人は瞬時に7つしか把握できないので7色に見えます。

日時についても、日曜日、火曜日と言われればすぐにイメージ出来ます。これは1週間が瞬時に理解可能な数7日で構成されているからだそうです。

日時の場合その指定された日が7種類である曜日にあてはめられればある程度イメージできることになります。

野口氏が書かれているノウハウは「今月の
7の倍数の曜日を覚えておく」ということです。

例えば今月の7日、14日、21日、28日の7の倍数の日は、全部日曜日です。来月11月は全部水曜日です。同月の7の倍数の曜日は全て同じなのです。

これをわかっていると、10月30日は7の倍数プラス2日ですので、火曜日だと瞬時にわかるというわけです。

これは簡単便利。
野口氏のいうノウハウはすぐ使えて、誰にでも移転可能な技術という事です。


01/10/12 (金)

[WIN2000でとほほ]


事務所に新しいPCが入ってきたので、旧PCはインターネットサーバーにしようとWIN2000をインストール。ところがまたまたはまってしまって、、、、

WIN98がCドライブにある状態で、DドライブにWIN2000をインストール。すんなり終わってネットワーク・セキュリティの設定。WIN2000SP2を当てて、WEB/PROXYサーバーのBJBをインストール。ファイヤーウォールZoneAlarmの設定と至って順調。しかし時間かかるなぁ、、

とりあえず出来たのでWIN98をアンインストールしようとして、、??どうやってWIN98アンインストールしたらいいの??MS-DOSからFDISK FORMATを使ってもCドライブをさわれません。

めんどくさくなってWIN2000からCドライブを全部削除したら、、、、エラーメッセージ連発でWIN2000おかしくなりました。(T_T)

しょうがないので再インストール。今度はちゃんとCドライブをフォーマットしてDドライブにインストール。設定してまたまたSP2・BJB・ZoneAlarmで再起動。 

???起動しませんのメッセージ??どうやらDドライブにインストールしたら起動しないようです。。。。
イライラしてもう一度インストール。今度は完全に逝ってしまっているのでWIN2000の起動ディスクが必要。作ったらフロッピー4枚も必要だとか、、、、

煙草が何本合っても足りない、、、(T_T)

とりあえずなんとか動くようにしましたが、Perlのインストール。CGI設定が持ち越し。明日も出勤です。(T_T)

WEBサーバーIISはCodeRed・Nimudaなどの攻撃を受けるのでとりあえず使わないつもりですが、MS-Project2000のWEB機能はIISでないと動きません。WEB機能是非使いたいのですが大丈夫かなぁ、、


01/10/11 (木)

[目標の再確認]


昨日は北海道の建設会社の皆様と懇親会。色々な話が出ましたが、
「今の環境では技術と経営に優れた会社ほど生き残れないんじゃないか」という話がありました。

つい先日もうちの関与先の社長が
「今の感じじゃ丸投げ会社ばかり生き残って、兵隊抱えている所は生き残れませんわ」との事。口は悪いですが同じ意味です。

国土交通省は不良不適格業者を徹底排除する方針を打ち出しています。地元の大阪府も週間ダイアモンドに色々取り上げられている事もあり、徹底的に調査を行っています。

どんな産業でも、顧客が求めている企業は、良い物をより安くより早く提供してくれる企業です。「早い・安い・うまい」のQCDに優れた企業です。

それを実現するためには「経営と技術」に優れていなければなりません。だから「経営と技術」に優れた企業が求められるとなります。

それは公共工事の場合でも同じで、顧客「納税者」も「早い・安い・うまい」構造物を求めています。

極端な話、もし丸投げ会社が「早い・安い・うまい道路や構造物」を提供するのなら別に丸投げ会社でも何でも良いとなります。

発注者側の色々な制度改正・受注者側の企業改革どちら側も早い・安い・うまい物を作るために行動しなければなりません。

早い・安い・うまい構造物を提供できない企業こそが不良不適格業者であり淘汰されるようにならないとおかしな事がずっと続きます。

当たり前ですが改めて「高品質・低価格・短納期」が目標だってこと考えておかないといけません。



01/10/10 (水)

[ゼネコン?CMr?]


TOC制約条件の理論の理論を実際に使う場合、制約が自分の会社以外の所にある事も十分考えられます。
実際に自分がしている許認可の申請といった仕事の全体をスピードアップする事を考えても、顧客企業の経理部、顧問税理士、審査官公庁といった人と共同で仕事をしているわけですからその人達が「ボトルネック」となっているケースがあります。
そうなるとボトルネックを強化するという事は自分には出来ませんので併せて行動するしかないのですが、これでは根本的な解決にはなりません。

建築工事の場合は特に30業者以上の企業が関わって仕事しますのでなおさら自分の企業をこえた全体を見なければ納期短縮出来ません。もっともそれが工務店の仕事です。

「TOCハンドブック制約条件の理論」Robert E Stein著に興味深い一節があります。

>>>第14章サプライチェーンマネジメントにおけるTOC

「企業間情報システムの到来」
多数の異なる企業の製品はひとつの”ネット”内におかなければならない。そのようなプロジェクトは、サプライチェーンを構成する企業とは異なる企業、すなわちサプライチェーンをスケジューリングする単独の目的を持つサービス企業を誕生させるきっかけとなる。<<<


少し触れられているだけなのですが、建設業界にとっては色々考えさせられることです。


。。とここまで昼間に書いていたのですが大人数の秘密宴会?で飲んだのでウベベべべです。。

続きはまた今度。


01/10/09 (火)


[Xが動かない件と何も見つかっていない件]


LINUXうまくいきません、、、、(T_T)
LINUXに限らずPC関連で困るとインターネットが本当に役に立ちます。今までのお返しとして私の経過もすこし書いておきます。

=============================
NEC LavieNX LV13CにRedHat LINUX7.1をインストール

[Xが動かない]

インストールするとデフォルトではビデオカードの設定がうまくいかずX WINDOWが起動しません。
うろたえて色々調べてやってみたのですがうまくいきませんでした。
そこで再度インストールし直しディスプレイの設定時NECのページに書かれているとおりに設定、特にディスプレイ水平同期・垂直同期を修正するとうまくインストールできました。

===================================

となんとかXは動いたのですが、今度はネットワークの設定がうまくいきません。。。。
DHCPにすれば問題なく作動するのですが、IPを固定するとブラウズできません??PINGは通るのですが???また来週挑戦します、、、(T_T)


さて、最近嫁がギターを教えろというので最も簡単なブルーハーツを教えています。久々にブルーハーツのCDを聴き直していたのですが、ふと聴いた「ラインを越えて」なんだか色々考えさせられます。

>色んな事をあきらめて 言い訳ばっかりうまくなり。 責任逃れで笑ってりゃ 自由はどんどん遠ざかる
(中略)
>満員電車の中 くたびれた顔をして。  夕刊フジを読みながら 老いぼれてくのはゴメンだ 。
(中略)
>僕がオモチャの戦車で 戦争ごっこしてた頃。 遠くベトナムの空で 涙も枯れていた  

>ジョニーは戦場へ行った 僕はどこへ行くんだろう。  真夏の夜明けを握りしめ 何か別の答えを探すよ。 誰かが使いこなす ホンネというタテマエ。  僕はラインを越えて 確かめたい事があるよ  <<
(詩:真島昌利)


確か湾岸戦争ぐらいの頃に書かれた詩だったように記憶しています。昔良く聞いてました。

昨日からまた戦争やってますね。。。
私さすがに夕刊フジを読むほど老け込んでいないつもりですが、マーシーのいう「何か別の答え」探して見つけられたのかは、、、

「ラインを越えて」全詩は



01/10/05 (金)

[Linux,,,,]

またこれからLINUXに挑戦します。LINUXはデスクトップマシン一台とTHINKPAD240にインストールしたのですが結局使いたかったオープンソースグループウェアSKYBORADが動かず挫折、、再度の挑戦です。

以前やったthinkpadでのインストールは、CD-ROMがないためthinkpadのハードディスクを取り出し、デスクトップ機をこじ開けてパラサイトしてインストールするというとんでもなく面倒な事したのですが、素人がそんなややこしいことやってうまくいくはずありません、、、、

今回はNEC LavieNX LV13Cで挑戦します。RedHat LINUX7.1にSKYBORADをインストール、実験用WEBサーバーとして稼働させる予定です。
こんなにかんたん!RedHatLinux7日本語版」BobRankin著
Linuxで作るグループウェア」トップマネジメントサービス著
を参考に挑戦します。

SKYBORADを使ったWebDB講習会までにはなんとかしないといけません。

すんなり出来て寝られればいいのですが、、、、


01/10/04 (木)

[個性的な街]


先日放送されていたYOU'VE GOT MAIL 少しだけ見たのですが時間が来たので飲みに行ってしまいました。

うちの近所には昔は大阪でも重要な卸売市場だった天満市場があります。
大夫店数も減っているのですが、夜になると屋台営業の上海料理屋さん、焼鳥屋さん、ワインバーなどが開かれ独特の雰囲気があります。天満駅前には立ち飲み屋が立ち並び、商店街は日本一長いと言われています。

うちに人が来れば必ず市場周辺に飲みに行くのですが皆独特の雰囲気を気に入ってくれるよう。先日来たフランス人はブレードランナーの様な街との感想です。大阪に来たおりには是非のみに来てください。

自分もこの雰囲気が相当好きでわざわざ引っ越して来ました。
しかし天満市場も再開発計画が決まっており、今の立地に大規模なビルが建ち地下に市場の店舗が入るそうです。日本一長い天神橋商店街はすさまじい競争で1ヶ月たてば1軒の店が閉店になり新しい店が出来ます。新しい店が出来るのは良いのですが綺麗なフランチャイズ店ばかりで面白みがだんだんとなくなっていきます。

街がだんだんとフランチャイズ店ばかりになって行くのとても嫌なのですが、実際の所住んでいて閉店に追い込まれる原因はずばり「仕事が適当」。。

市場にしろ油断すれば、、、です。飲み屋でも適当なところ多いです。いやほとんどの店は良いのですが、、、と普通続くのですがほとんどの店が適当で、一部の店が職人仕事しているというのが実際の所です。

フランチャイズ店は少なくともチャンと仕事します。全く個性ありませんがチャンとします。小綺麗でチャンと仕事する店がいいと思っているわけではありませんが、普通の品揃えで、チャンと仕事していない店は客足が遠のくのも当然です。

YOU'VE GOT MAIL ビデオで続き見ました。個性的な児童書専門の街角の本屋さんが大手ディスカウント書店に閉店に追い込まれます。

うちの近所も個性的な古本屋さんが沢山あります。ハーバードビジネスレビューが豊富に揃っている店とか、映画パンフレット専門店とかとか、

しかし大概のうちの街の本屋さんは、いらっしゃいの一言もありません。置いてる本もどこにでもある週刊誌ばかり、、

僕の好きな街の現実はそんな感じだったりします。

土曜日は天神産の古本や祭り
日曜日は音楽祭TEN-ONです。

大阪に来たら飲みに行きましょう。


01/10/03 (水)

[XML?PHP?WebDB?]


XMLはCALSの話でも中心的な技術として取り上げられるためとりあえず色々読んでいます。が、今一わかりません。
書かれている物が技術的な側面、XMLの書き方ばかりで一体何に使うのかあまり書かれていないんですね。。
目的がはっきりしないので読んでいても何も頭に入ってきません。

今日帰社途中京橋の紀伊国屋さんで立ち読み。
「XML + XSLT による Web コンテンツ自動生成 Windows対応
ふと気になって読んでみましたがなかなか面白そうでした。
この本はHPを楽に更新するという点に特化してXMLの解説を行っているので面白そうです。

少し読んでみたのですが、エクセルのマクロも書けませんし、未だにHTMLも書けない私にはXMLの書き方というのが書かれているだけで疲れてしまいます。

最近見つけた「ファイルメーカーProのデータベースをXMLベースでWeb公開する方法」によるとファイルメーカーを使ってXMLを書き出せるそうです。
となるとノンプログラミングXMLを作るのも可能かも、

aBUSINESS研究所の支援業者を紹介するリンク集はMS-acsessから静的HTML変換を使って作っています。サイトを見に来たユーザー企業の企業規模・立地などにより紹介する支援業者を動的に変化させたいと思ってわざわざRDBで作っているわけですが、ASPなどプログラミング技術がない私にはなかなか難しい作業です。

XML、PHP、WebDB色々ダウンロードして作れる環境にしているのですがどうも駄目、、、
ノンプログラミングで実用的な物に出来ないか、技術の進歩を待っている状態です。



01/10/02 (火)

{アキレスと亀]


企業収益を上げる仕掛け サプライチェーンマネジメント−複雑系科学と制約理論を取り入れた21世紀の経営手法」今岡善次郎著

またまたTOC関連の本から。この本はTOC理論が日本に紹介された初期の頃の本で、ザ・ゴールの要約とSCMとの関係について書かれています。ザ・ゴールが分厚すぎるとお思いの方はこの本の訳を読むとよいかもしれません。SCM関係についてはあまりまとまっていないように感じましたが、、、


さて、この本に「アキレスと亀」という話が載っています。
アキレスというのは足の速い人、亀はとても足が遅い。先にいる亀を後ろから人が追いかけるとします。順番に例えて書くとこういった話です。

1、アキレスが亀に追いつこうと10m進みます
2,亀はアキレスが進む時間の間に3m前に進みます
3,アキレスは更に追いつこうと3m前に進みます
4,アキレスが進む間に亀はまた前に進みます
5,3m先に到達したアキレスはまた追いつこうとして進みます。

結論:これが永遠に続くので結局アキレスは亀に追いつくことはできない。


というお話。ギリシャの思想家ゼノンの話です。
「動いている物は虚妄である」との結論です。

実際にはんな事あるはずもないのですが、先のように順番に考えると本当に追いつけないような気がします。

>>シーケンスな論理的思考は、循環論のワナにはまってしまう<<

同時平行でおこっている現実を、順番に考えていこうとするとグルグルまわって答えがでないという事です。卵と鳥の話みたいですね。

>>言葉による議論と論理の展開は、現象とし


<<HOME