topics
経営戦略|01:意思決定
arrow 関連リンク | 経営支援 | 経営情報 |

経営の基礎知識「経営管理」
ここでは外の機会・脅威、内の強み・弱みを見極めた上で、どうやって狙うべきターゲットを絞り込むか、どう意思決定をするかについてのトピックスを掲載します。 経営とは意志決定です。経営者、経営者を目指す方お読み下さい。

ハメル&プラハラード「コアコンピタンス経営」
新しい未来の市場に適応する経営者のビジョン、能力(技術)を更に磨く、狙うべき市場に対し能力をアピールする。青写真(戦略アーキテクチャ)を描かなければならない。

事業の多角化「アンゾフ成長ベクトル」
企業の多角化戦略について基礎的な事をまとめます。

P.P.M
複数の製品を取り扱う企業では、それぞれの製品に、どの様な配分で資金を投入すべきかを決めなければなりません。この方法としてボストンコンサルティンググループ(以下BCC)では、プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントと言う手法を開発しています。

トム・ピーターズ「経営破壊」
すべてを「破棄」する覚悟が必要だと唱える。彼はスピードの時代を「クレージな時代」と表現し、クレージーな時代にはクレージーな経営を行わなければならないと読者を挑発する。
競争優位の戦略
最新の著書「日本の競争戦略」でMポーターは日本企業について分析を行っています。この本ポーターいや他のほとんどのアメリカ経営学者は日本企業の強み・脅威について分析しておりそれを追い抜く戦略を立ててきた訳です。日本的経営が全面的に駄目だと思っているのは一部の日本の経営者のみです。

マネジメント生産性〜コンピューターの経営価値
「コンピューターに対する支出とビジネスの収益性は、実は何の相関もない。」と結論づける「コンピューターの経営価値」ポールAストラスマン著. 書かれたのが古くITというよりコンピューターという感じですがITはマネジメントの生産性を上げるためのものであると定義し、測定方法MBOを提案しています。

ビジネスモデルとは
最近よく耳にするビジネスモデルってなんなのか考えてみましょう

日本型経営とは
いずれにしろ80年代のアメリカのように、アメリカの経営を学ぶことは必要です。ただ人の真似をするだけで勝てるはずもないということはビジネスマンなら誰でも知っていることです。学んで、同じ事をするだけではなく新しい経営手法を生み出さないと勝負にならないのは明白ですね。

HAサイモン 経営の意思決定
サイモンは、企業活動にとって最も重要な事は意志の決定であるとして意志決定はどう行われているかを研究している。

中小企業の経営者
実際に中小企業経営者とあっていると実は、社長は経営者ではなくてトップ営業マン、代表取締役営業部長だったりします。ただし超一流の営業マンなのは確かです。経営は意思決定といわれますが、営業部門の意思決定以外は流れにまかせている社長はかなり多くいます。

何故「発想」が「新しい事業」にならないのか
新しい取り組みを考えている中小建設業の経営者は既に沢山いるでしょう。僕自身も一杯思いつきます。しかしそれが実際に事業になって利益を生み出す事は大多数の中小建設会社にはおこっていません。なんででしょう。

経営者の行動特性
「経営者のヒューマンファクターズと経営成果」という中小企業庁の調査。黒字企業と成長企業の経営者に経営者の性格についてアンケート調査しています。

経営者にとって最も大事なもの
一番重要なものは最初の「理念」です。「理念」とは何か色々説明する書物がありますがいまひとつピンと来ません。

経営革新支援法
経営革新支援法とは新たな取組に挑戦する中小企業を支援するための法律で、経営計画を作成し承認を受けることによって、中小企業庁系の補助金・貸付・出資などの支援策をより有利に受ける事ができます。

DIPS運動
「DIPS運動」ダイヤモンド社発行に掲載されている 職種別にみた「DIPS運動」成功の条件と、期待すべき効果について紹介します。

ナンバーワン企業の法則
「ナンバーワン企業の法則」(日本経済新聞社刊)を出版した。この中でトップ企業を目指すならば次の3つの戦略のうち1つを選択し実行しなければならないとした。



| HOME | PAGE TOP |