ビジネスモデルとは
作成日2000/11/28
改訂日2000/12/29
Ver.1.5


最近よく耳にするビジネスモデルってなんなのか考えてみましょう。HOT WIREDに「ビジネスモデル」についてわかりやすい話が掲載されています。

>>ビジネスモデルとは、簡単に言うと、「お金の儲け方」だ。
(中略)
どんなビジネスでも、創業から1年以上、going concern としてビジネスが継続しているとしたら、そこには、意識するとしないに拘らず、何らかのビジネスモデルがあるはずだ
(中略)
自分のビジネスモデルを再発見するのに有効なのは、ビジネスモデルの3要素を問い直してみることだ。ビジネスモデルの3要素とは、「顧客」「価値」「ノウハウ」であり、「誰に、何を、どのように」と言い換えても良い。<<<<

非常にわかりやすく考えさせられる内容ですね。あまり難しく考えずとりあえず自分の仕事のビジネスモデルを考えてみましょう。
私も仕事しているのでビジネスモデルはあるという事になりますが、私の主に担当している行政書士業務の「誰に、何を、どのように」を改めて考えてみると

「中小建設会社に」、「公共工事に参加する方法を」、「自転車にのって書類をつくり」お金をいただいています

自転車でないケースもありますが、まぁご近所の関与先にちょくちょくよって話をして書類を作っています。

>>>>自分のビジネスモデルの構造が分かると、今度は、ビジネスモデルを変えることが可能になる。
(中略)
ビジネスモデルがもっぱらインターネットとの関連で語られるのは、インターネットの登場で、既存のビジネスモデルを革新する可能性がほとんど無限に広がったからである。
<<<<


私の業界も将来色々な環境変化が見込まれるのでビジネスモデルを変えないととよく考えてます。
「インターネットの登場で可能性が無限に広がった。」とりあえず「自転車で」というところは変えられそうです。問題は「書類を作って」という点。ここをどう変えるか難しい点です。

高木文堂の「新経済@日本」第6回 アマゾン・コム再考
http://www.hotwired.co.jp/altbiz/takagi/000926/

| HOME | BACK | PAGE TOP |