topics
SWOT分析|03:財務関係
arrow 関連リンク | 経理支援 | 会計情報 |

ここでは財務管理・財務分析ついての話題をまとめています。 


超簡単な利益計画
シュミュレーションフォーム有
独立したら何が大事かという事色々ありますが、とりあえず食える見込みがないと独立はできません。
じゃ食える見込みってどう計算する。色々なやり方本を読めば載っていますが経理の知識がないと辛いかもしれません。そこでざっくり計算できる方法を紹介します。

ISO投資と必要効果額測定
ISO取得には多額の費用がかかりますので、経営者としても慎重に意志決定する必要がありますが、そもそもISOを取ったらどれぐらいの効果が必要なのか計算してみようと思いエクセルファイルを作ってみました。(日経コンストラクション2001年4月28日号掲載)

危機への備え
建設業は大変厳しい状況が予想されています。十分なリスク対策が必要です。すこしリスク対策についての政府の対策を見て回ってみました。

固定費の削減
利益問題を解決するとは、「固定費を削減する」、「変動費率を変える」の二つのことをいいますが、固定費を削減する場合の注意点

利益計画
利益計画では、利益の額から決定して固定費予算→変動比率の決定→目標売上高の設定と計画していくのがいいとされています。


今の会社の状況っていいの?悪いの?
決算書というのは株主に会社の状況を分からせる為に作る物です。同族会社の場合株主とは社長の事になるわけですが、上記の事を考えると株主(社長)に現在の状況を分かる資料が作成できない事になります。

金融環境変化への対策 new
取引銀行の破綻や貸し渋りなど金融の環境変化が大きく変化しており中小建設業者にとっても大きな影響を与えています。「経営事項審査との関係」「金融機関の格付け」について、対応策として「経営計画の立案」「公的金融支援」について紹介します。

設備投資経済性計算
設備の購入は、一度投資すると辞めるわけにいきませんし、資金を固定化するため経審の分析新指標固定長期適合比率などへ悪影響を与えます。このため慎重な判断が必要になります。

損益分岐点計算
経営分析でもっとも基本的な手法損益分岐点分析について解説します。損益分岐点とは損が出る売上高、赤字になってしまう売上高は幾らかを分析する手法です。

中小企業庁「経営指標」の業界平均値の真偽
平均値としての精度は圧倒的に建設省の指標が正確であります、それを考えると中小企業庁の平均値データから分析を行うのは非常に危険と言わざるを得ません。

| HOME | PAGE TOP |