1日15分から始める働き方改革

a-lab.jp代表西原隆は、日科技連発表P論文「マルチタスクが「QCD」を奪う!ー日立グループ1000人に広がる働き方改革6ヶ月プログラムー」など多数の働き方改革を支援してきました。今回このノウハウを公開し、様々な企業の働き方改革を成功させるコーチを育成支援します。

 

顧客納期遵守、予算達成をしつつ、労働時間短縮などできない!

1.忙しすぎて時間が無い、働き方改革なんてムリ

2.ITツールや改善手法を押しつけられても我々は特別なのでやれない、やらない。

3.自分達だけでは成果を出す方法がわからない

そんなゲンバの意見にも、納期をまもり顧客満足達成、予算達成し株主満足達成、残業時間を減らして従業員満足向上三方よしの働き方改革を実現します

 

日立成功事例要約

1.シンプルなタスクボードを使い、一日15分から始めるムリなのない働き方改革を展開します。

2.ゲンバが納得ずくで進められるA3プロセスコーチングのカタ

3.A3コーチによる専門知識ティーチングにより着実に成果を生み出します。

プログラムは標準6ヶ月間で構成され2週間に一回の訪問指導で展開されます。コーチングを受ける対象者は2週間に一度1時間のお時間をいただきます。

FAQ:コーチの能力によって成果創出がばらつくのではないですか?

→専門スキルをもったコーチは、標準化された働き方改革のカタを学んだ上で、AIを活用したシステムでフォローアップをうけながらコーチングします。これによりコーチの品質のばらつきを低減しています。

 

リーンTOCを活用した働き方改革のノウハウを共有するメルマガにご登録ください。

 

お気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]